お寺の奥さん、住職さんとのトラブルがありますが我慢しています。

私は、萩出身で、今は嫁いで山口へいますが、昔から、明安寺さんとのトラブルは、母から聞いています。

 

亡くなったご先祖様が、場所が、家に近いので、選んだそうです。

ですが、場所が、小学校のすぐ近くで、読経の時も、子供達の声がしたり、うるさかったです。

駐車場が、せまくて、出にくいし、トイレが、汚く、掃除が、行き届かなくて、虫が沢山いるので、法要中、トイレに行く気がしません。

昔、ご先祖のお墓が、木の縁というか、近くにあり、風が強いと、もし、お墓の方へ倒れたら、いけないので、お墓を、中央の安心できる場所に、移動しました。

かなりのお金が出たそうです。

 

萩では、大きいお寺なので、お墓も多いです。

よそのお寺にしている人に聞いたら、シキミなど、風が強く、倒れたり、飛び散ったら、お掃除が行き届いているようなのですが、ここは、ほったらがしです。

昔の今は、隠居されてる住職さんのときは、本当に、奥さんもよく、掃除など、心使いなど、あり、親しみがもてましたが、今の若い住職さんになり、変わりました。

 

最初の奥さんと、別れ、また別の奥さんと結婚。

で、狭い敷地内に、自分たちの子供3人の自転車が、放置されてあり、とにかく雑です。

法要の時の読経は、短く、昔の古い住職さんのときは、長く、なんか、聞いていて、気持ちが入っている読経でしたが、ざーーと、なんか、雑な気がします。

 

法要の時、畳ぐらい、新しくしたらいいのに、変えてないので、ストッキングに汚れがついて、嫌な気がしました。

 

萩では、大きいお寺なので、もんとが、多いからかしれませんが、威張っています。

 

実家では、昔から、祖母の命日に、月一回、家に来て頂いていましたが、辞めました。

若い住職さんになってから。

読経は、いい加減だし、人柄もあまりよくないので。

 

お寺自体だいぶ古くなっているので、屋根の瓦がおちるんじゃないかとか、思います。

増改築する土地も、すぐ縁にありますが、その気がないようです。

法要の時の精進落としも、出すタイミングが、悪いし、奥さんが、お茶を、だされるとき、こけて、お茶を、こぼすし、自分の好きな人とばかり話していて、気づかいというか、心使いがありません。

そういう人と、あきらめています。

 

実家は、兄が、結婚してないので、永代供養にしてもらう予定ですが、母が、心配しています。

お寺の内部が、ものすごく古く、床が、歩いていて落ちるんじゃないか、お菓子をあげても、虫がつつくのじゃないかと、心配しています。

 

玄関の所から入る駐車場、あれをどうにかしてほしいです。

誰か、いわれればいいのですが、言われません。

入りにくい、出にくい、あれじゃあ、事故するんじゃあないかと、おもっています。

坂になっていて、見通しが悪いし、とにかく出にくいです。

私は、免許取って40年近くたちますが、玄関からは、入った事はありません。

駐車場が、奥にありますが、あれじゃー台数が少ないし、皆、乗り合わせて、法要へこられている感じです。

 

もちろんお布施はしっかり、取られ高いです。

だから、実家は、1年に12回家にきて読経してもらっていましたが、今は1年に一回にしています。

 

やはり、人柄が、第一ですね。

お墓の守りを、もう少しやってほしいです。

 

自分たちの家は、立派にしておられます。

お寺の補修をせず、自分たちの家だけ、きれいにするというのは、ちょっとどうかと、思います。

 

もう歴史が長いので、今更、お墓もかえられないし、父母は、時々、文句はいっていますが、よくしてほしいので、我慢してあきらめています。

 

やはり、読経を聞くと、その人の人となりが、よくわかります。

お墓も、もうお寺をあてにせず、自分たちで、掃除をやって、きれいさを保っています。

住職亡き後、とにかく悲惨です。

法要は、だいぶすみましたが、やはり、父母は、後悔している様子です。

関連記事