昔と変わったのか?やたらとお布施を欲しがる住職…

主人のお父さんが亡くなったときのことです。

お父さんからはお布施はだいたい〇〇円くらいで決まりはない、金額が決まっているものではないと生前話していました。

お葬式の依頼のお電話をしたらお寺に来てくださいとのことで主人が出向きました。

まず、ここからびっくりでした。私の実家のお寺では呼び出されることは無かったので…電話で時間の打ち合わせをしていました。

人が亡くなってバタバタしているのにお寺まで行かなければならないなんてそこで少し不信感でした。

主人が出向いたら、火葬は〇円、お通夜は〇〇円、お葬式は〇〇円と提示してきたそうです。

それもお父さんから聞いていたより高い金額で。お布施って金額が決まっていたんだなと驚きました。

またそれを提示してくることにかなりびっくりしましたが、現代はそうなのかな?と何も言えず結局お支払いしました。

最後のお葬式の日に渡すようにとまで指示を受け、その渡すタイミングまで指示されました。

お葬式が終わり和尚さんが着替えている間廊下で待ち、出てきたらすぐ廊下で渡すようにと…

しかし、お葬式当日は何かと慌ただしく和尚さんが着替えている間に廊下で待つことが出来なく少しだけ待たせてしまう結果になりました。

急いで向かったところ、いかにもご立腹気味な顔で、「遅い」と一言。

確かに遅れたのは申し訳ないのですが来てくださった方にお礼をしたりしていての事です。

結婚式のように何ヶ月もかけて用意するものでも無いので、当日は色々予期せぬことが起きます。

それを「遅い」と怒る和尚さんに違和感を覚えました。

所々で、「私は和尚だ。こちらがエラい」みたいな発言が見られ少しはらただしかったです。

お寺?和尚さんにもよるかもしれませんがかなり違和感を覚えました。

その年の初盆のことです。

お盆1ヶ月前にお寺来てくださいとのことだったので行きました。

亡くなって3年間は特別に供養してくださるとのことで用意するものを指示されたのでそれを持っていきました。

その他に〇〇料、お盆3日間は毎日おつとめの時間に来るようにと…

おつとめしていただく時には、勿論お布施を包むのです。お寺から言われたので皆さん来るものだとお布施を包み参加したらなんて数えるほどしか来ていません。

段々バカバカしくなってきました。

お母さんに話したらそんなに言ったことがないとのことでした。

仕方がないのでその年は3日続けておつとめに参加しました、結局来ていたのは真面目そうな家族だけでした。

最後の日に、和尚さんから法話があり、「自分から言うのはあれだが、昔は年に何度も皆さんお寺に来てくれた。最近は親の教えが悪いのかきちんと来る人が減った。お寺はお布施で運営がなりたっている。このままではお寺も苦しい。自分の口から言うのは本当は心苦しい」とおっしゃいました。

結局お布施がほしいってことかよ!と思ってしまいました。

和尚さんは黒光りしたレクサスに乗り、息子和尚さんのお嫁さんはブランドバックを肩からかけて裕福そうに見えるのは私だけでしょうか?

そもそもお布施って和尚さんから指定してくるものなのでしょうか?檀家さんから頂いた中で運営するものなのでは?と思ってしまいます。

ゆくゆくは檀家を抜けれたらいいなと思っています。

他の檀家さんにも聞いたら、やはりちょっと利益目的すぎるよねとおなじ事を考えていました。

昔小さいときに行った実家のお寺の感覚と随分かけ離れていてびっくりしました?現代のお寺事情は変わったのでしょうね。

和尚さんとはなるべくトラブルを起こしたくないですがこういうのが続くトラブルの原因になりそうだなと感じています。

良心的なお寺がまだあることを祈りつつわたしの体験談とします。

関連記事