お布施の相場とは?いったいどのくらいなのか?

私の父は今から約10年ほど前に他界をしたのですが、あまりにも急な出来事で、ひとり娘である私は喪主を務めることとなり、葬儀の手配やら、役所への手続き…

と、何もかもが初めてのことだらけで分からずにいました。

ですが、葬儀の段取りなど決めなければならないことが後から後から出てきて、今思えば、それこそ時間との戦いのような数日間でした。

そんな私を救ってくれたのは、葬儀屋さんの対応の良さと、こちらの辛く悲しい心情に寄り添ってくれながらも、適切なアドバイスをたくさんいただけたことでした。

そして葬儀の前のことです。

檀家である僧侶さんが家まで来ていただいた際に、葬儀の際のお布施についてお聞きしたのですが、これがまた、驚きを隠せない金額を提示してこられまして…

それを聞いた時は非常に驚きました。

喪主を務めるのは初めてでしたし、第一、そういったお布施として納める金額の『相場』というものを知らなかったので、ある意味とても衝撃的でした。

『まさか、こんなに…?』と、そう思ったのが本音であり、納得のいかないところが多々ありました。

親族である叔母に相談をしたところ、叔母は『うちの方の僧侶さんは、そんなに高額なお布施をとらない』との意見でした。

そして、『葬儀の前に一度、僧侶さんのところに出向き、金額を交渉してきたらどうか?』とも言われたため、私は従兄弟と一緒に、僧侶さんのところに行き、お布施の金額の交渉をしたのです。

実際、はじめに提示された金額は80万円でした。

ですので、『なぜそのような金額なのか?』とお聞きしたところ、父が亡くなる約20年ほど前に、父の弟が亡くなった際に、お布施が50万円だったとのこと。

その件もあり、『お父様に、弟さんより低い戒名はつけられないから』との理由でした。

私はこのことを聞いて、どうしてもまだ心から納得できずにいましたが、僧侶さんに何度か交渉をしてみましても、全く譲っていただけるような気配ではありませんでしたため、もうこちらが折れたようなかたちとなり…

結局、葬儀を終えたあと、提示された80万円という金額をお支払いすることになりました。

こういったお布施のリアルな金額を、まさかご近所さんに回ってお聞きするわけにもいかず、なんとも後味の良くない結果となってしまいました。

ただ、その後にご近所さんとたまに会った際にお聞きしたことは、『我々の檀家の僧侶さんは、お布施がめっぽう高いと有名だ』というお話で、それを聞いて納得せざるを得ませんでした。

そして父が亡くなった数年後に、隣りの家のおばあちゃまが亡くなったのですが、その時にお聞きした話ですと、お布施が100万円だったそうです。

いくらお布施とはいえ、そんな高額な金額をとることは、果たしていかがなものなのでしょうか?

皆、ご身内の方がお亡くなりになって、先祖代々受け継いできたものを守りたい、守っていきたい、いうような健気な一心で、高額なお布施を納めることでしょう。

ただ、世の中には、そのような金額などは、決してお受け取りにならず、お布施として最低限の金額で立派に拝んでいただき、そして立派な戒名をつけてくださるような、そんな良心的な僧侶さんも、きっとたくさんいらっしゃることでしょう。

昨今では、これからの時代は『個々の時代』とも言われています。

ですので、絶対に檀家の僧侶さんの意向に沿ったことをしなくてもいいような時代に移り変わっているのだとも思います。

現に今は、樹木葬や、その他にも様々なかたちが増えてきましたし、何より、故人の意思を尊重して、各々が自身の結末を自由に選択をしていける…

そんな時代になっていき、各々が価値観をもっと広げていけるような、そんな時代になってほしいと願います。

関連記事